株式会社ユニアースの事業内容と今後の発展

株式会社ユニアースは、2011年9月22日に大阪府大阪市北区に設立されたソフトウェア企業です。その主な事業内容は、大きく分けて3つあります。

まず1つめは、iOSやAndroidのアプリ開発。こちらは、ユニアースが創業以来ずっと手がけてきたメインともいえる事業です。

使いやすいインターフェイスで、書籍やカタログ、SNS、カメラ、データ共有、仕事効率化などとても幅広いジャンルを手掛けています。スマートフォンだけではなく、タブレットや、業務用、マルチデバイス対応のアプリ開発、さらにアプリのリメイクやリデザインも請け負っています。

顧客の依頼に柔軟に応えられるよう、開発から保守、管理まですべてを手がけるワンストップ体制による提供が大きな特徴です。顧客側がどのようなアプリが必要か明確でない場合には、企画段階から参加して、アイディアも提案しています。

その実績として、レストランのメニュー確認やクーポンが受信できる「トマトアンドオニオン公式アプリ」、ネイルサロンがユーザーにネイルデザインを提示する「nail magic」、写真用紙に合わせて写真をカットしてくれる「smareco PRINTアプリ」などがあります。

そして、2つめの大きな事業がWEB制作の受託です。
こちらでは、ホームページやSNSのプロモーション、ネットショップなどのサイト制作やCMSなどのシステム開発を中心にサービスを提供しています。

ほかにも顧客の目的に合わせて、市場調査やIT戦略などのプランニング。サーバー管理やアクセス解析などの運用、検証。そして、リスティング広告やSNS広告などのIT戦略まで、WEBにかかわるトータルサポートを行っています。

今まで、上場企業から中小企業、零細企業、さらに行政にいたるまで幅広い業種の依頼を請け負ってきました。売上や集客、効率化といった目的達成のために、企画や提案はもちろん、プロモーションやアフターフォローにもすぐに対応します。

こうした受託による事業にくわえ、ユニアースでは自社やタイアップによるサービスも、さまざまなものを提供しています。
たとえば、自分に合った塾を見つけられる塾検索サイトの「塾マッチ」。飲食店やサロンに低価格で高品質な自社アプリを提供する「UNIAPPS」、赤ちゃんの成長を写真と音声で記録できるiPhoneアプリ「BabyRecord」などがあります。

このような事業内容は、すべてユニアースの「多くの人々にハピネスを提供する」という経営理念にもとづいたものばかりです。今後10年間では、さらにその理念を推し進め、国内外を問わず多くの依頼が来るような世界規模の企業になることを目指しています。
その具体的なスケジュールとして、世界中に1億人のユーザーを対象としたWebサービスを2023年8月31日までに開

筆者について

a-innov.com

記事を表示 →