株式会社MJEは企業の成長をサポートしているサービスカンパニーです。Makes Japan Energeticというサービスやコミュニケーションで世の中を元気にするという事業をビジョンをもち、ベンチャーとして出発し設立10周年を乗り越えた会社なのです。企業の多くはヒトやモノ、カネや情報という経営資源に関わる悩みや課題を抱えているといわれます。

その点について、MJEの代表取締役社長の大知昌幸氏は、このような課題の解決を成すために企業の成長をサポートすることで世の中をより元気にしていくということが果たすべき使命と考えられているのです。

そのビジョンを実現するため、MJEではコミュニケーションプラットホーム事業やオフィスソリューション事業、ボードステーション事業やWeb制作事業、メディア事業、そしてヒューマンリソース事業というサービスやコミュニケーションを軸にした6事業を展開しています。

例えば、ヒューマンリソース事業では人や組織の活性化をサポートする活動などが提供されています。

また、MJEのボードステーション事業では、bord stationという看板型自販機が店舗ブランディングの目的で提案されています。看板型自販機は世界にたった1つだけの完全オリジナルデザインの自販機で、店頭設置することで注目を集めることができ、様々な業態のPRが可能になります。このような6事業を通して、MJEでは人の成長にこだわるベンチャー企業としてお客様の課題解決をサポートしています。

企業は成長を続けなければビジョンも理念も実現できないとの考え方に基づき、MJEでは規模という点でも社会への影響という点でも大企業を目指した企業活動が推進されているのです。MJEでは自ら創り、自ら拡げるという考え方が事業コンセプトに位置づいています。

そして、1つの事業が新たな事業につながっていきながら活躍フィールドが拡大することで、MJEは増収を続けてきました。MJEはプロモーションツール機能をもつbord stationを全国に1,500台以上設置し、店舗とお客様のコミュニケーションを繋ぎたいと考えています。また、株式公開を通し、2021年には売上高100億円、2027年には1,000億円企業への成長を目標として掲げています。会社の成長は人の成長に比例するとの考えに基づき、MJEでは人にとって成長とは何かということについての定義がなされています。

これまでできなかったことができるようになること、気づけなかったことやわからなかったことに気づけるようになったり、わかるようになること、そして、自立心の涵養ということが成長と考えられています。

MJEは課題を解決し、本気のチャレンジを通して経験を増やしていくという成長戦略を掲げ、今後更なる発展を目指している企業です。