ポノス株式会社の事業内容と今後の発展

ポノス株式会社は、1990年に大阪府大阪市で加増処理技術会社として設立されました。現在は、京都府京都市下京区に本社を置いており、社員数100名を擁しています。また、東京都渋谷区恵比寿に「江戸オフィス」があります。

1990年に設立された当初は、ゲーム機であるプレイステーション向けのゲームソフトなどを開発するコンシューマーゲーム事業が中心でした。その後、2001年からソフトバンク、KDDI、NTTドコモなどの各携帯電話キャリア向けのゲーム開発を始め、フィーチャーフォンゲーム事業を展開しています。

2008年以降、スマートフォン向けのゲーム事業に進出しており、2012年にリリースした「にゃんこ大戦争」が大ヒットして、ポノス株式会社を代表するゲームに発展し、全世界で2,700万ダウンロードを記録しています。

ポノス株式会社が開発するゲームの特徴は、企画、開発が完全に内製であることです。ゲーム運営だけではなく、海外展開などの手続きもすべて自社で行っています。また、京都本社オフィス内に社内BARなどがあり、終業後にゆっくりとお酒を楽しむことができるなど、クリエーターが働きやすい環境にとことんこだわっています。

また、会社が設立されて25年以上、ゲーム開発だけに集中して事業展開を行ってきましたので、様々なノウハウが社内に蓄積されています。現在は、事業内容として、スマートフォンなどのスマートデバイス向けのゲーム開発を、ゲーム事業における成長戦略の中核においています。

また、グーグル・プレイやアップル・ストアなどのインターネット・マーケットを経由することで、日本国内だけではなく、海外市場に向けても、ポノス株式会社が自社開発、企画を行っているオリジナルゲームを配信しています。

ポノス株式会社は、京都に根をおろしたグローバルなゲーム・カンパニーになることを目指しています。また、「求められるものは創らない、それ以上を創りだす」を会社のビジョンにしています。開発するゲームによって、顧客の笑顔、前向きな気持ち、夢、希望を創出することがポノスの役割だと考えています。

今後の発展に向けて、エンターテイメントを通じて、文化をもっと豊かなものにして、顧客の生活に有為と感じてもらえるようなゲームの商品、サービスのラインナップを拡充していき、配信先の国、地域を増加させ、世界中の人たちに楽しんでもらえるゲームを作っていきます。

株式会社ネオコーポレーションの事業内容と今後の発展

ネオコーポレーションは、大阪府大阪市に本社が存在する株式会社です。創業は平成11年11月、設立は平成12年3月になります。本店は本社が存在する同じビル内にあり、他の地域として東京・九州に支社、仙台・名古屋・広島に支店があります。
事業内容についてですが、事業所向けの電力コストを削減する、産業用電気機器の製造販売を主に取り扱っています。2016年4月からスタートした電力自由化による電気小売サービスにも取り組み、一般家庭向けの電力コスト削減にも精力的に事業展開している状況です。

平成16年からネオコーポレーションが販売を開始した、電子ブレーカー「ネオコントロールシステム N-EBシリーズ」は、業界でナンバーワンの人気を誇ります。

N-EBシリーズは電力コストの削減に貢献する機器です。一般的なブレーカーでは動かすときに大量の電流を受け入れられる容量にしなければならず、低圧電力の基本料金が高くなりがちです。無駄にコストを支払う結果になるところを、N-EBシリーズにはネオコーポレーションの独自技術が使われているため、導入することで低めの基本料金に変えても今まで通り、仕事で機械を使用することが出来ます。安全基準をクリアした製品ですので、安心して使い続けることが可能です。

N-EBシリーズと合わせて使うことにより、更なるコスト削減を実現しているのが、LCという機器です。コンプレッサーや溶接機を使用して電気代が高くなりがちな場合に、LCを導入することで基本料金を大幅に削減することが可能です。状況によっては月に数千円もコストを削減できるようになります。
他にも、電力の使用を視覚化して管理ができるデマンド表示パネルや、エアコンの室外機を自動的に制御するACCDといった製品を提供しています。これらの機器は、ネオコーポレーションが自社開発しており、他のメーカーには無いものです。
このように、ネオコーポレーションは自社の機器を使って、顧客の電気コストを削減する取り組みに重点をおいた事業展開をする会社だと理解することができるでしょう。

今後の発展については、主力製品の売上が好調の状態をキープしており、さらなる発展のために株式市場への上場を目指している状況です。新たに始まった電気小売サービスにも、積極的に取り組んでいます。離島を含めた全国の地域でサービスを提供しており、事業者向けだけでなく、一般家庭向けの電気コストを削減しやすくした料金プランを用意しています。N-EBシリーズなどの自社製品を通じて、電気料金のコストを下げるノウハウを活用した、今後の新たなサービスにも注目したいところです。