関電サービス株式会社は1985年6月に設立し、関西電力株式会社のパートナーとして事業展開を続けてきています。ここでは、そんな関電サービス株式会社の事業内容や将来性についてご紹介します。

具体的な事業内容は?

関西電力のパートナーとして、電力関連事業をはじめ、屋外広告事業・アド事業を中心に幅広い業務を展開する関電サービス株式会社は、具体的にどのような業務を行っているのでしょうか。

【電力関連業務】
・電気使用量計の検針
・電気料金請求
・契約確認
・電気設備の点検、調査
・関電ガス小売関連業務
・配電線路調査、用地交渉

【屋外広告事業】
・電柱広告デザイン設計
・公共表示付き電柱広告
・その他屋外広告
・デザインコンクール

【アド事業】
・外国人観光客への翻訳、通訳サービス
・イベント、セミナー、展示会開催
・ホームページ制作
・広告ツール制作
・地域情報誌制作

このほかにも、関電サービス株式会社では社会貢献型自動販売機事業として、自動販売機から得られる収益を防犯カメラやWi-Fiなどの機器の設置提案を行っています。また、店舗や事務所など内装工事や、水道事業のアシストなど、多岐に渡る事業を展開しているのです。

関電サービス株式会社の将来性

関電サービス株式会社は、関西電力からの受託業務だけでなく、広告宣伝事業やアド事業まで、多様な事業に携わりサービスを提供しています。中でも地域密着型のサービスを率先して手掛けており、快適な地域社会構築に向けて事業展開を続けています。2016年には電力の小売全面自由化が始まったことで、限りあるエネルギーの捉え方が変わってきているのも特徴です。

そんな中で、外国人観光客増加に伴い、翻訳や通訳サービスを提供、開業や販促ツールの提案や需要の高い屋外広告など、幅広いサービスで地域のニーズに応えているのです。関西電力のパートナーとして受託業務を経験しながら、これまでに培った経験やノウハウを活かしているのではないでしょうか。
こうした背景を踏まえて見ても、関電サービス株式会社は将来性の高い会社であると言えるでしょう。

関電サービス株式会社の事業内容や将来性について理解を深めてきましたが、いかがでしたでしょうか。関西電力のパートナーとしての役割はもちろんのこと、これまでに培った経験やノウハウを活かし、地域密着型のサービス展開を広げていることで、数多くの方から支持される会社であると言えるでしょう。

地域の頼れるパートナーとして、今後も幅広い事業でサービスを提供していくに違いありません。